ゲームリリース:PC版「KKMAdv1.0.0」「KKAdv1.0.1」

投稿者: | 投稿日時: 2020/5/14 23:59 | 更新日時: 2020/5/30 09:05

今回は、リリース&バージョンアップ1まとめの記事となってます。
このブログでリリース情報書き起こすのは初です。
以前のは別のところに書いていたので、そちらも追々お引越ししてきたいところです。

リリース情報

unity1weekというイベントに参加し、PC版「KKMAdv」をリリースしました。

DLではなく、ブラウザ上で遊べます。
Windows、Mac両方遊べるかと思います。
操作性的にはスマホでも遊べると思うので、試してみてください。
URL GAME

unityroom様の今回のイベントについて

URL イベント

今回で参加が8回目の、Unityというエンジンを使った、1週間でゲームを作るunityroom様のイベントに参加しました。

4/27(月)00:00から5/03(日)20:00の間、

「密」

というお題が与えられ各々好きな時間、好きなように開発をし、出来たらリリースをする。と言った流れです。

開発過程

色々やりとりが発生すると思い、他の方にお願いするのは1週間の期間より前から動き始めました。

4/25(声優さん募集)

声優さん募集をTwitterで投稿したのですが、本当にシナリオがまっさらでどうしようかなと思ってました。
ただ、なんとなく大まかな設定は決めていました。

  • ADVゲーム(以前買った宴を試したい)
  • 外出自粛の中自宅にて暗闇で何かの配信を聴いている
  • チャンネル変えると何かしらの配信(音声のみ)が聴ける
  • チャンネルを3つくらい用意したい
  • 1チャンネル2-3行くらい

今回協力していただいた島村さんから、声優さん募集を見て気になったとご連絡いただきました。
そこでシナリオとか…どうでしょう?と突然のお願いをしたのですが快く引き受けていただきました。
非常に助かる…。

4/26(事前準備)

シナリオ設定考える
宴インストール、何かしら動かしてみる

UnityHub、Unityインストール
UnityHubで一元管理するようになったんですね。

宴インストールして、サンプルプロジェクト起動してみた。
次はエクセルをいじる。

シナリオ設定考え、島村さんに共有

事務所に詳細共有(4/27も)

4/27(unity1week開始)

イベント開始

エクセル入ってるPCを引っ張ってきて、宴のサンプルいじる
声優さん募集締め切り

宴のサンプルいじる際、エクセルじゃなくOpenOfficeを使う手もあるそうですが、後継のLibreOfficeを使ってくださいとLibreOffice公式さんからご連絡いただきました。
OpenOfficeいつのまに…。

シナリオがあがってきたので確認。

4/28(収録準備)

スマホ収録するための設定関連確認。(実際に自分のほうでテストしつつ)

声優さん、所属事務所に台本を渡した。

ながえゆあさんは、優しい、親身に相談に乗ってくれるお姉さんな感じでお願いしました。

深崎結菜さんは、特にキャラクターを作っていただくわけじゃなく、ご自身が配信者になったという程でお願いしました。

4/29(LibreOfficeテスト)

宴のエクセルデータをLibreOfficeで編集し、無事表示を変更出来た。

4/30(声優さん成果物納品)

5/1(声優さん成果物納品)

各声優さん所属事務所から納品していただいた。
自分のほうで音声データを確認し、サウンド担当に渡し音圧等調整し納品してもらった。

5/2(BGM納品)

サウンド担当にBGM用意してもらった。

5/3(開発集中)

選択肢、音再生テスト出来た
ゲーム中、HP、Twitterにスタッフ一覧と載せること、内容についてシナリオサポートの方に確認。

3人目の声優さんについて事務所に連絡。

スタッフ一覧をメニューで実装する方法が分からず、ゲーム本編に入れました。
デバッグ
WebGLビルドして、サイトアップロードしようと成果物を実行してみたら、ここで事件発生。
以前も出くわした日本語表示されない問題。
デフォルトで設定されているフォントのArialが、日本語対応されておらず非表示となってしまいました。
以前は全部英語に変えたのですが、今回はセリフとか人名とかなのでそうもいかず、調べて対応しました。
作業中にPCが固まり再起動、再度いくつかの作業をやり直すはめに。
unityroomのサイト登録
Twitter報告内容まとめ

5/4(リリース)

数時間遅刻しましたが、なんとかリリース
声優さん、所属事務所様にリリース報告

3人目の声優さんとなる、上野江里香さんに詳細送った。

5/7(声優さんと台本確認)

上野江里香さんと台本詳細について確認

5/8(声優さん成果物納品)

5/9(声優さん成果物納品)

上野江里香さんから納品していただいた。
自分のほうで音声データを確認し、サウンド担当に渡し音圧等調整し納品してもらった。

5/10(unity1week評価、バージョンアップ作業)

全プレイ放送していた方もいたようで、今回作品数が300超えてかなり大変だったかと思いますが開発者としては嬉しいですね。

評価期間終了し、評価結果出たそうです。

周りのレベルが高すぎて恐る恐る見たのですが、サウンドについては50位以内に入っていて嬉しかったです。

評価自体はこれ以降も出来るそうなので、気になった作品があれば是非評価やコメントすると開発者は喜びます。

バージョンアップに向けスクリプト作成

5/11(バージョンアップ作業)

バージョンアップに向け画像作成

5/12(バージョンアップ作業、写真HP掲載準備)

バージョンアップに向けスクリプトのWait調査
ブログ掲載写真編集(いただいた画像にコピーライトを追加)

5/13(ブログ記事確認)

ブログ記事確認

5/14(バージョンアップリリース)

バージョンアップリリースしました。

  • 3人目の声優さんとして、上野江里香さんのボイス追加
  • バージョン1.0.1(元々いじってなくて0.1だったのに気付く)

音声収録について

  • 収録内容
    文章丸々一気に読んでもらうと、何かしらノイズ等入った場合除去が難しいので、1文1文の間に区切りとして一呼吸置くようにしていただきました。
    あとで詰める想定でしたが、いい感じの間でこの分ゆっくりまったり話せていて聴きやすいと感じたのでそのままとしています。

  • 収録方法について
    今回、三密を避ける&開発期間1週間と短いため、声優さんに各々で宅録をお願いしました。

    • ながえゆあさんの場合

      • スマホに初期アプリとして入っているボイスメモで録音していただきました。
    • 深崎結菜さんの場合

      • マイクで録音していただきました。
    • 上野江里香さんの場合

      • Mac、インターフェース、マイクを借りたということで、ご本人Mac初心者で四苦八苦しつつも録音していただきました。
      • 缶を開ける音も録っていただきました。
        ビールを実際に開けた音で、収録後に美味しく頂いたそうです。
      • 自己紹介文2パターンあり、ランダム再生しているので是非両パターン聴いてみてください。
    • スマホ収録について

      • ボイスメモの設定にある、オーディオの品質を非可逆圧縮からロスレス圧縮に変更してもらった。
      • ロスレス圧縮だと、音が生データになるため保存容量が増えてしまうのですが、最終的にサウンド担当にデータを整えてもらう(内容は後述)のを考慮すると情報が欠損していないほうがいじりやすいのでこちらにしていただきました。
      • 実はこの前に、圧縮されていないwavファイルで録音出来るほうがいいのでは?と試してみたのですが、ボイスメモ+ロスレス圧縮でも変わらない仕上がりとなったので、こちらにしました。
      • 編集でいじる想定じゃないのなら、ボイスメモの設定はそのまま(非可逆圧縮)で良さそうに感じました。
        そのまま聴いてもいいように録音されているような気がしました。
  • データを整える
    ボイス収録してもらったデータをサウンド担当に諸々調整してもらい、実際にゲームに組み込まれます。
    ざっくり下記のようなことをしているらしいです。

    • ノイズ除去
    • 音量バランス調整
    • 聞こえやすく調整(マスタリング)

収録風景について

各々宅録でどんな感じで収録しているか是非見てみたいと思い、ご本人に撮影をお願いしました。
きっとみなさんも知りたいと思いますし…なにより自分が見たかったので。

  • ながえゆあさん
    スマホ収録ですが、収録してる風になるようマイクと一緒に撮影したそうです。
    実際のスマホ収録を撮影すると、スマホに向かっている様子を撮影となるかと思いますので普通の自撮りになってしまう?
    その様子を別角度から撮るとしても、スマホ既に収録で使うので自撮り出来ないというジレンマが発生しそうですね。
    マイクあって良かった…。

  • 深崎結菜さん
    実際に収録で使ったマイクと撮影していただきました。

  • 上野江里香さん
    読んでる風

    終わった感

みなさんの元気そうな姿が見れて良かったです。

開発について

今回は、Git管理するのは引き続きやり、以前セールで買った宴を試してみたいと思いこちらを使いました。
宴URL

以前もなんでもないときに試そうとしてみたのですが、色々試すことなく他の作業に押し出され放置されてしまいました。

unity1weekのような他人から与えられた締め切りというものが無いと、ダラダラしてしまいがちでリリースまで持っていくのは難しいなと感じました。

unity1room様、遊んでいただいた方、開発協力していただいた方、ありがとうございます!
URL イベント

今回宴を使ってみて、なんとなくどういうものか分かりましたので、これを元に今後色々やれそうだなと思いました。

ちなみに、今回使ったコマンドはこちら。

  • 選択肢
    • Selection
    • Jump
  • サウンド再生
    • Bgm
    • Voice
    • StopSound
  • 画像表示
    • Bg
    • BgOff
  • ランダム
    • Param
    • Random
  • その他
    • Wait

ただ、スクリプト書くのは結構ごっちゃになりそうなので、そのあたりのノウハウを調べて方向性決めてから作った方がいいと感じました。
作ってる最中に書き方統一ルール変更すると大変そうなので。
セルに色つけたりするのもいいのかも?

まずはこのあたりとか見てみようと思います。
良さそうな情報源ありましたら是非教えていただけると嬉しいです。

おまけ(Gitコマンドについて)

開発で使ったGitコマンドは以下の通りです。
どこかにプッシュしてるわけじゃなく、ローカルで管理しています。
1人で開発してるので、特にこれだけあれば不都合無い感じでした。

  • git init
    一番最初の初期化
    プロジェクト生成したら最初に実行します。
  • git log
    コミットログ確認
  • git status
    状態確認
    変更、追加等について
  • git diff xxx
    変更点確認
  • git add xxx
    Git管理に追加します。(変更時もこちら実行)
  • git commit -m "xxx"
    コミットします。

それとは別で、.gitignore作成
git 管理から無視するリストです。
今回は、以下のような感じでした。

.DS_Store
App/Library/*
App/Logs/*
App/Temp/*

まとめ

全体的に、リリース直前(5/3)が一番大変でしたね。
1回は早い段階でビルドしてリリースするべきです。(毎回言ってそう)

最後に、もう一度。
unity1weekというイベントに参加し、PC版「KKMAdv」をリリースしました。

DLではなく、ブラウザ上で遊べます。
Windows、Mac両方遊べるかと思います。
操作性的にはスマホでも遊べると思うので、試してみてください。
URL GAME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください